詰め物・被せ物

歯の見た目でお悩みの方のための治療です。

top_linkimg06例えば、銀歯が気になって人前で笑えない、昔入れた被せ物と歯茎の間が黒い、歯並びが気になるなど様々なお悩みがあると思います。
浜松の方々に、歯の見た目を美しくすることで沢山笑い、会話の中で話相手に自然と良い印象を与えられるような歯になってもらうための治療です。

治療の内容はそれぞれのお悩みにより異なってきます。
先ほど上げた銀歯が気になる場合は、セラミックなどの良質で色の変色のない被せ物を入れなおしたり、
歯並びが気になる場合は歯の形を少し変えるでけで印象が全く変わることもありますし、矯正治療が必要なケースもあります。
被せ者と歯茎の間が黒いのは、被せ物の精度が低く、歯と被せ物の間で虫歯になってしまっていることが多いため、当院は超高精度の3Dプリンターによるセラミック治療を行えば解決できることがほとんどです。

それぞれのお悩みに対し、それぞれの解決策をご提案し浜松の方々に良い印象を与えられるよう治療をしております。
 
 

 

審美歯科治療で多用されるセラミックによる治療で解決できること

・歯の形や歯並び・すきっ歯を直したい
・左右の歯と違和感のない自然な白い歯にしたい
・他の歯科医院にて時間がかかりそうだと言われた
・保険の被せ者が変色して黄色くなってきた
・歯と歯茎の境目が黒い・段差がある
etc…

当院のセラミック治療”3Dプリンター”


それは3Dプリンターによる治療です。

当院はアメリカやドイツなどの歯科ではスタンダードとなっている、3Dプリンターを導入しております。日本の歯科医療は最先端から5年以上遅れていると言われています。浜松でも当院にてようやく世界基準の治療ができるようになりました。
下記が3Dプリンターの治療の流れです。是非イメージして下さい。

1.削る
2.光のスキャナーにて歯の形をスキャン
3.パソコンが理想の被せ物の形を設計
4.3Dプリンターにてセラミックのブロックを被せ物に切削
5.被せ物の出来上がり
6.歯に接着 (およそ1時間)

上記により、3つの大きなメリットが生まれます。
◼︎メリット1

わずか1時間で被せ物が装着できる、1日で完結する治療

◼︎メリット2

光でスキャンするため、歯型を取る材料の収縮によるズレが全くない超高精度

◼︎メリット3

他院のセラミック治療に比べ、余計な手間や経費が削減できる圧倒的コストパフォーマンス

しかも世界では、これがスタンダートです。
院長の私はこの治療に本場ドイツで出会い、感動すると共に日本の歯科の遅れを痛感し、導入を決めました。浜松の方々に是非体験していただきたいです。

メリット/デメリット

◆一般的なセラミック治療のメリットデメリット

メリット

短期間で白く自然な歯を手に入れることができる

金属未使用であるため、歯肉に変色が起きたり、金属が後に露出する事がない

金属アレルギーの心配がない

変色がない

デメリット

金属と比べて衝撃に弱く割れやすい

自費治療で費用が保険治療に比べ高い

◆メタルボンドのメリット・デメリット

メタルボンドとは金属の裏打ちの上を白くて透明色の強いセラミックで覆った被せ物です

メリット

自費治療で費用が保険と比較して高い

表面の硬さが強く、一般的なセラミックと比較してかけにくい

変色がない

デメリット

歯茎が黒くすけて見える事がある。

一般的なセラミックより透明感はやや劣る

治療料金

3Dプリンターによる治療料金

詰め物 42,000円+税
被せ物 64,000円+税
セラミックの被せ物(e-MAX) 42,000円+税
 4,000円+税

セラミックの被せ物(e-MAX)

詰め物 42,000円+税
被せ物 64,000円+税

メタルボンド

被せ物 80,000円+税
053-411-5008
お問い合わせ
電話番号
053-411-5008
受付時間
午前 10:00~12:30 / 午後 14:30~20:00
(最終受付19:00)

定休日:木曜日